女性らしくなるためのサプリ|エンジェルアップ

バストアップマッサージ方法

バストアップしたいけれど、まずは何からやってみたらいいかわからない…という人、自分で何とかすることができるならば、一度挑戦してみたいという人にオススメなのが、バストアップのマッサージです。その方法をご紹介します。

 

バストアップマッサージの意味

 

バストアップマッサージ方法

 

元々胸が小さいのに、バストアップマッサージをしてどんな意味があるの?と思うでしょう。マッサージをすると、リンパの流れをよくすることができます。リンパの流れが悪いと、老廃物が溜まってしまって、全身に悪い影響を与えます。

 

これは胸も同じで、リンパの流れが悪くなってしまうと、胸もハリがなくなり元気がない胸になってしまいます。

 

胸の大きさは変わらなくても、ハリが蘇るだけで、高さが出てくれます。上向きバストは胸を大きく見せますから、見た目がかなり変わります。また、バストアップマッサージをすることで、本来は胸にあるはずの脂肪を取り戻せます。脂肪はわき腹や背中に流れている

 

場合もあるため、マッサージをして、その脂肪を本来の位置に戻してあげるのです。脂肪が集まってこればバストアップに繋がります。バストアップマッサージをする意味はこの2つにあります。

 

バストアップマッサージをするタイミング

 

バストアップのために常にマッサージをしておきたいものですが、難しいと思います。

 

そこで、効果が出るタイミングを狙ってバストアップマッサージをするといいでしょう。一番効果が出るといわれているタイミングが、お風呂上りです。お風呂上りは身体も温まって血液の流れもよくなっていますし、そのおかげで胸も柔らかくなっていますので、そのタイミングを狙いましょう。

 

マッサージをしても身体が温まって脂肪が柔らかくなっていれば痛みも感じにくいので、最適だと思います。

 

バストアップマッサージの流れ

 

まず、胸を外側から内側に向けて、上向きになるように…と優しく持ち上げます。これが準備運動と考えて下さい。その後、胸の横側に手を添え、背中から胸へと脂肪を持ち上げるようにマッサージしましょう。

 

そこまで出来たら、胸の付け根と骨を引き剥がすように、力を入れて胸の形を作るように10回程度引き剥がしを行います。このときに痛みが強すぎる場合は力を弱めてもいいので、痛いと感じない程度に力を加えてみましょう。

 

最後に胸の輪郭を確かめるように、胸の周りをマッサージして終了です。オイルやクリームなどをつけると手の滑りがよくなるのでオススメです。